本格的に治療したいという人は生活を見直しましょう

AGA改善対策としてできること

鏡を見る人

食生活を整える

丈夫で元気な髪の毛を育てるためには、しっかりと栄養バランスの整った食事をすることが大切です。丈夫な髪の毛を育てるためには、ビタミン・ミネラル・タンパク質が大切な栄養素になってきます。肉類だけを食べてしまったり、脂っこい物ばかりを食べてしまったりすると皮脂の分泌量が増えてしまい、毛穴のつまりや血行不良の原因になってしまいます。髪の毛の成長効果がある食べ物や成分は、インターネットで簡単に調べることができます。しっかりと情報を集めて、日々の食生活に取り入れてみましょう。

タバコやアルコールを控える

タバコを吸う人は、吸わない人に比べて男性ホルモンの量が多いと言われています。男性ホルモンといってもAGA発症の原因になってしまうタイプのホルモンが増えてしまうため、AGAの治療を受けている人は、禁煙するようにしましょう。また、アルコールは髪の毛の成長にかかえない栄養素を奪ってしまうため髪の毛弱くしてしまいます。しっかりと効果を実感したいという人は治療中は摂取しないようにしたほうが良いでしょう。

運動をしてしっかり寝る

髪の毛を生やすためには、全身の血行を良くすることが大切です。適度に体を動かして血行を促進することで、頭皮の血行を良くすることができるため空いた時間などを利用して運動するように心がけましょう。また、育毛や発毛効果もある成長ホルモンをしっかりと分泌させるために、一日最低でも6時間以上の睡眠をするように心がけた方がいいと言われています。

進行パターンを知る

U字型

髪の毛の生え際(額の部分)が徐々に広くなっていくパターンです。このタイプの人は、最初は前髪で隠れて気づかないという人もいるため、適度に確認するようにしましょう。

M字型

U字型と同じように、髪の毛の生え際部分から症状が現れ始めます。しかし、U字型とは違い、真ん中部分は残して、両サイドだけ後退していくという特徴があります。

O字型

頭頂部あたりに症状が現れるパターンです。そのため、鏡を真正面からしかみることがないという人は気づきにくい事が多いと言われています。つむじが前より目立つようになった、という人はAGAを疑ってみましょう。

複数型

このタイプは、上記で紹介した進行パターンが複数同時に発症してしまうタイプです。そのため、他のタイプよりも進行が早いと言われています。複数型の人は、なるべく早く医師に相談するようにしましょう。

人種によって違う

AGAの発症率や、進行パターンは人種によって違うと言われています。基本的には、個人差が大きいと言われていますが、髪の毛の色や質が違うため出身国別で調べるのも一つの方法です。